fc2ブログ

プロフィール

naosuke1961

Author:naosuke1961
FC2ブログへようこそ!
広島県呉市在住
妻1人、娘2人、メス犬1匹
女系家族の中で男一匹
徹底抗戦を続けております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

落ちマダイの夜戦

 今シーズンは、イシダイ釣りにメインをおいた為
撒きエサ(カラス貝、磯牡蠣など)の確保が中々うまく
いかず、前夜をほとんど、その作業にあてた為
マダイの夜戦がほとんど出来ず、釣果も惨憺たる結果。

その遅れを取り戻そうと、落ちる(深みへ入る)為
エサを荒食いするマダイの捕獲作戦を行って来ました。

DSCN1159.jpg

2本体制で作戦開始。

 エサはタイ虫が欲しい所でしたが
小さめのコウジで勝負です。

DSCN1027.jpg

エサ取りが多く、コウジでもボロボロにされ
素針状態であがってきます。
何度も投げ直していると、本命と解るアタリ。

コウジなので、向こう合わせで食い込む様に
手持ち竿で道糸を送り込んでやると強烈に締め込んできます。
合わせると・・・スカッ・・・

「・・・・」下手糞・・・!!

その後は本命のアタリも無く・・・

DSCN1174.jpg

ガシラ1匹の貧果でした。
完敗ですわ~!!


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

持論の崩壊

 みなさんも、釣りにおいてと言うか何かに対して
持論なるものを持っている方もいらっしゃると思いますが・・・。

自分もカレイ釣りに対して持論なるものを
持っておりました・・・。

「旧暦の9月になればカレイは釣れる」
これが、持論でありますが・・・

先日、この持論を確かめる為、釣行してきました。

DSCN1175.jpg

釣り場は、呉周辺で一番、早くから釣れ始めるココです。
毎年、カレイの初釣りはココからはじめるのですが、
昨年は、不幸があり行けなかったので2年ぶりになります。

4本体制で釣り始めて直ぐに何か何時もと違う感覚に
気付きました。小鰯の影がまったく見えません。
嫌な予感は的中するもので
持論の崩壊です。

釣果は

DSCN1176.jpg

こんな奴達です。

一昨年なでは、ココでは、〇ボーはなかったのに・・・。
ショックで熱出そうですわ・・・。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

価値ある一枚

イシダイの新規ポイントを開拓する事を目標
にしてきた訳ですが、めぼしい釣果もないまま
シーズンを終えようとしています。

が先日、釣友から新たな情報が寄せられ
「藁にもすがるおもい」で、釣行して参りました。

前回、錘だけで試投したわずかな情報だけの
手探りの状態でしたが
DSCN1173.jpg

音戸の瀬戸にも劣らない激流ポイントでした。
底の状態も解らない為、錘もかなりロストしましたが
中々のアタリで奴はやって来ました。

DSCN1168.jpg

30センチそこそこのサンバソウクラスですが
来シーズンの釣行に期待が持てる一枚になりました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

メーターオーバーのモンスターゲット

 先日より何度も繰り返し挑戦している
モンスター退治に遂に決着らしきものが着いた様に
思います・・・?

DSCN1171.jpg

 当日、釣り場到着は21時
潮の動き始めと潮替わりの瞬間が勝負時間と
決めていましたので潮替わりは21時30分頃・・・?

仕掛けの準備に入った所で痛恨のミス。
仕掛けボックスを忘れて来てます・・・。
往復30分で取りに帰れますが、時間も燃料ももったいないので
そのまま釣る事に・・・。まあ結果的にはこれが幸いしましたが・・・?

道糸PE6号に力糸16号
リュックのサイドポケットをほじくり返して
ボビン巻きのナイロン10号をハリスに
棒天秤にナス錘35、針は管付きの青物針の11号
あるものを使うとこうなりました。

コウジのエサで2本体制。

2本目を投げ終えて直ぐ
モンスターからの接触を知らせる高音のドラグ音!
合わせた瞬間に沖に向いて反転します。
竿で溜めたいのを仕掛けの強度不足からドラグで
溜める様にして何とかリーリングに入りましたが

強烈!!

撒いては出されを繰り返してやっと、
力糸の見える所まで撒いてきた時

銀色に鈍く光るメーター超えの魚体が見えました。
えっ。
スズキ??

しかし、そいつはスズキじゃなくて

コイツだったんです。

DSCN1163.jpg

ハモです。それも120センチを超える・・・。

DSCN1164.jpg

投げで釣れるとは・・・?

DSCN1165.jpg

まさにモンスターです。
コイツならケプラーハリスの瞬殺もあり得るかなと・・・?
実際にコイツじゃあないかもしれませんが
なぜか、妙に納得した瞬間でもありました。
取りあえず、今シーズンのモンスターの調査はこれで終わります。

来シーズンは違う種類のモンスターを狙いたいと思います。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

あ・れ・か・ら・・・。

 74人もの尊い人命を奪った土砂災害から
ひと月たちました。自分なりの思いを少し書かせて下さい。

白い雨が降るとずれる、尾先、谷口、宮の前

と言う言葉を以前聞いた事がありました。

尾先(尾根の先端部)
谷口(谷の出口の扇状地部分)
宮の前(お宮の前面部)

土砂災害が起こりやすい場所です。
その上、中国地方の土壌はマサ土の場所が多いので
雨を含むと脆くなる性質があります。

知らない人は多いとおもいますが
(1945年9月、広島県呉市で1千人以上が
亡くなった大洪水がありました。これもマサ土の
影響が多大に含まれております。)


ココに豪雨を降らせたのが筋状降雨帯と呼ばれる現象です。
(積乱雲1つでは時間雨量20~30mmが限界なんですが
筋を引いた様に何度も同じ場所で積乱雲が発達して雨を降らせる帯。
ゲリラ豪雨とはチョット違うようです)

時間雨量が100mmを超えるような雨が2時間も降れば
すこし傾斜がある場所ならどこでも災害が起こるのではないで
しょうか?

 すべての悪い条件が重なり今回の災害が起きた気がいたしますが
先人方は「ここは危険な場所だよ」と危険を教える地名を
付けたりしておりましたが、合併などで地名は変更され
そのうち、その土地の人でも「あそこは住んではいけない場所」
なんて言うのも解らなくなって来るのでしょうね・・・?

1999年6月29日豪雨での教訓を、生かし切れなかった
今回の土砂災害。行政は解っていると思います。
次は絶対にあってはならない事です!!

最後に亡くなられた74人の方のご冥福をお祈りいたします。
と、共に被災された方々に御見舞申しあげます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ